最適化するには?

efoによってフォームを改善するには自力でフォームの見直して修正する方法とefoツールを利用する方法がありますが、まず、改善できる項目についていくつかポイントを挙げますので、サイトの入力フォームに当てはまるか確認すると良いでしょう。

efo業者一つ目として、フォームが長くないか、あるいは入力項目数が必要以上に多くありませんか。長かったり、フォームの入力項目数が多いようなら、できるだけ最小限にするよう削っていきましょう。

二つ目は、フォーム入力の段階が多くありませんか。入力ステップが多くあるなら、なるべく短めにすると良いでしょう。また、縮めることが難しいなら全体像がユーザーにわかりやすくしましょう。

三つ目、項目に入力した内容がリセットされてしまうことがありますか。何かの折にリセットされるようになっているなら、情報を保存できるようにしましょう。

他にも様々なポイントがあります。入力する内容をわかりやすくするために入力例などを表示する事や、セキュリティをしっかり押さえてユーザーに情報を悪用されない安心感を与える事など多岐に亘ります。更に、企業が提供しているefoツールを用いることで、更なる改善をすることができます。

重要なことは、入力者の気持ちになって、面倒なフォームになっていないかを客観的に判断し、改善することです。しかしながら、自力でフォームの最適化を行ったとしても、本当に改善できているかどうかわからなくなる場合があります。そんなときには、efo業者のような第三者が介入して専門的な意見をもらうと、より効果的ではないでしょうか。

最適化するには?

efoのメリット

efoを行ってフォームを改善することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。いくつかメリットがありますが、ほとんどの場合、ユーザーに対してこと細かに対応することができる点です。例えば、ユーザーの入力する手間を省くことや間違いを減らすといったことができます。具体的には、郵便番号を入力すると自動的に住所が表示されるといったものや、全角入力したのに自動的に半角になるなど、見たことがあるのではないでしょうか。

efo何より、efoの最大のメリットは、ユーザーの登録離脱を避けることができる点が挙げられます。ユーザーは、入力フォームに煩わしさがあれば、たとえ入力が途中であっても、登録を断念してしまうこともありえます。efoによって登録完了まで導けるようなフォームにすることで、登録を離脱させないようにすることができます。そうするためには、できるだけストレスにならないようなフォームにしていくことが大切となるでしょう。

そして、efoによって、CVRの向上を図ることができます。CVRとは、コンバージョンレートの略で、ユーザーがサイトにアクセスした中で商品を購入、資料請求や会員登録などを行ってくれた割合のことをいいます。efoを行うことでCVRがアップして、最終的には企業の収益増加にもつながるでしょう。

efoのメリット

efoについて

インターネットを使用することは当たり前のようになってきています。ネットから何かを購入する時、あるいは新規登録する時に表示される入力画面に煩わしさを感じたことがありませんか?表示されたフォームの入力項目の多さにげんなりしたり、入力してもワンステップで終わらず、次にも続くようなら登録を断念したりしてしまうのではないでしょうか。

フォームユーザーにサイトへアクセスして内容を見てもらうことは大事なことですが、フォームの必要項目に入力してもらうことは、とても大切なことです。なぜなら、その情報を元に広範囲に亘ってビジネス展開することができるからです。しかし、いくらサイトを立ち上げて入力フォームを作ったとしても、ユーザに使用してもらえなければ意味がありません。

そうなると、フォームの改善をしなければなりませんが、どのようにしたら良いのかわからないという場合が多いのではないのでしょうか。そこで出てくるのがefoです。efoとは、エントリーフォーム最適化のことです。入力フォームの煩わしさを利用するユーザーの立場に立って改善することで、入力しやすいフォームに作り替えます。

では、実際にefoをすることでどんなメリットがあるのか、そして、ポイントはいかなるものでしょうか。このサイトでは、efoを行ったことで得られるメリットと最適化するにはどのような事に気をつけたら良いのか、そのポイントを紹介します。参考にしていただき、フォームのより効果的な改善につながれば幸いです。

efoについて